4月, 2014 | ものづくりを支援するオフィス游

ブログ月別アーカイブ

monthly archives

2014年4月



2014年4月奥飛騨の渓流釣り

4月に入って気候も安定、渓流釣りには絶好のシーズン開幕といえる。
4月17日から19日まで奥飛騨温泉郷に渓流釣りに出かけた。
平湯の山にも道路の路肩にも雪も残っている。
北アルプスの山並みは冠雪が神々しい。
3日間の最低温度は3℃、ここはまるで冬である。
しかし高原川、蒲田川、平湯川などの水量は多い。
ここしばらくはまとまった雨も降っていないので、北アルプスからの雪代がいよいよ始まった感じがする。
雪代は釣りには大敵である。
雪解け水の流入で水温が下がる。
水かさが高くなり、イワナやヤマメが潜む岩陰や開きが水の底に沈んでしまう。
それだけ釣りのポイントがなくなってしまう。
雪代の影響は通常5月から6月ごろである。
だから雪代の入る前の4月が絶好の機会となる。
しかし今年は雪代が始まっている。
イワナやヤマメはどう反応するのか。
その見極めが釣果に結びつく。


3月に大物のイワナやヤマメに遭遇した川は一変して釣果なし。
私はあたりすらなかった。
ミミズでも川虫でもブドウ虫でも同じであった。
他の川も同じで私一人初日は、坊主であった。
いつもお世話になる民宿たからすぎの天然かけ流しの露天風呂だけは、いつもと同じで優しく身体をほっこりさせてくれる。


二日目は、温泉が流入している川を攻める。
3月には水温が高すぎて釣果が少なかった川である。
今回の水温は10℃、釣りには適温である。
しかし川虫がいない。温泉が流入しているからかもしれない。
ここでもあたりがなかった。
川を探りながらあちこち移動する。
川底も水深もはっきりとわかるくらいの澄んだ本流横を流れる小さな川で27cmのイワナを釣りあげた。
餌はミミズ。やっとの釣果にほっとする。


場所を移動。
3月に穂先をなくした川を攻めることにした。
3月は水しぶきで竿に氷が張り付き、竿をたたむことすらできなかった。
竿を分解しておさめ直したときに、穂先を忘れたらしい。
それから1カ月もたっている。当然穂先はなくなっているはず。
現地で元の場所近くを探すと、石の下に赤い穂先が見えた。
思わずラッキーと声が出る。
ひょっとするといい釣果になるかも、そんな気がした。


冷静に川面をみると右岸に反転流の開きを見つけた。
3月には竿を出していない個所である。
ミミズを餌に反転流の下に投餌して流すと、小さなあたりがあった。
竿を立てるとググーと締め込みがあり、大物がヒットした気配がする。
あせらず竿のしなりを利用して手元に引き寄せ、タモに納めた。
28cmの幅広ヤマメだ。
04のハリスがよく耐えてくれた。
その後も同じ場所で27cmのヤマメ、同サイズのイワナ、26cmのヤマメなど6匹をヒットさせた。
ねばれば尺以上の大物と出会える可能性を秘めてはいたが、これ以上は次回の楽しみにとっておく。
3月に竿を出した個所では、竿すら出せなかった。


川は生き物である。
1月前とは水の流れも水の嵩も違う。
水嵩が変わればポイントも変わる。
前回釣れたからといって必ず同じ結果になるとは限らない。
川を読みポイントを見つけて、竿を出す。
だから渓流釣りは面白い。
今回の再長寸は、蒲田川上流域で釣った30cmのイワナだった。



28cm yamame28cmのヤマメ

30cm iwana尾びれの大きな尺イワナ



STAP細胞をめぐる動きに懸念

STAP細胞発見のニュースの後、投稿した論文に不具合が見つかったことで世間が騒がしい。
理化学研究所は、論文の内容に捏造と改竄があったとして、調査結果を発表し、論文の取り消しを示唆している。


これに対し、研究リーダーの小保方晴子さんは、悪意の不正はなかった。
指摘される前に論文の間違いには気付いており、修正画像を含めすでに英国のネイチャー誌と理化学研究所に提出している。
しかし今回の調査結果には反映されていないと反論しているという。
STAP細胞の発見にも自信を持っていると報じられている。
結果、小保方晴子さんは、弁護士を介し理化学研究所に不服申し立てをおこなうという。


不服申し立ての期限は、明後日の4月9日で、まだ実行されたニュースはない。


一連の騒動を聞いて、不思議でならないことがある。
論文の共著者が14人もいるのに、リーダーの小保方晴子さんのみに悪意の不正があったと言及されている点である。
他の人は、他の人たちが担当した論文内容は正しいものと信用して自分の責任を全うするから、論文の全容を知らなくても当然のような論議に聞こえる。
だから今回論文の不正を知って、はじめて論文を取り下げたいと申し出た人もいたということらしい。


これはおかしいと思う。
生物細胞学の歴史を根底から覆すかもしれない世界的な大発見である論文の内容を知らなかったというのだろうか。
少しも論文の内容を疑うことはなかったのだろうか。
出来上がったSTAP細胞を一度も見ていないのだろうか。
見たけれども違ったものを見せられたということなのだろうか。
共著者がなぜ今になって悪意の不正があったことに同調するのだろうか。
日本人の共著者から反論が一切出てこないのはなぜなのだろうか。
反論している共著者の一人が米国ハーバード大学のチャールズ・バカンティ教授だけというのはどうしても納得できない。


今回の理化学研究所の調査委員会の報告を小保方晴子さんが反論せずに受け入れたときには、STAP細胞の論文に大きな汚点がつくだけではなく、優秀な研究者が今後の研究生命を断たれるぐらいの大問題である。


30歳の若い研究者が大組織を向こうに回し、一人で立ち向かのは容易なことではない。
弁護士のサポートは重要であるが、新聞やテレビをはじめとするメディアは、興味本意では捉えないでほしいと願う。
そして真相が究明されることを期待したい。

   



ウォーキングはいいものだ

ウォーキングを始めた。
息子に勧められ、一緒に歩いたことがその始まりである。
団地の周りを歩くことから始めた。
団地には坂が多い。
短い距離でも相当に負荷がかかる。
だから短時間のウォーキングでも今の季節うっすらと汗をかく。
気持ちがいい。


渓流釣りが趣味の私にとって、歩くことは一日でも長く釣りを継続するためには必須であった。
渓流仲間の宮野さんは、渓流沢を歩く時も雪道をラッセルする時もいつも先頭を行く。
足腰はしっかりして、ほぼ同じ歳とは思えない。
実は私の方が一歳年下である。


息子は、普段身体を動かしたことのない私の日常に心配して誘ってくれたのかもしれない。
始めるまでは面倒でも、始めてみるとその良さを実感できる。
自ら実体験することが、何につけても大切なことは頭ではわかっていても、行動が伴わなかった。
ビジネスの世界で人には言えても自分でできない弱い側面を知った。


少しでも長く続けられるように無理をせずに前に進んでいこうと思う。
4月の渓流釣り行が4月半ばに計画されている。
行動半径が広がるかもしれない。
何といっても、同僚の宮野さんに迷惑をかけることが減りそうで嬉しい。