2014年5月奥飛騨温泉郷の渓流釣行 | ものづくりを支援するオフィス游

ブログ

blog



2014年5月奥飛騨温泉郷の渓流釣行

奥飛騨温泉郷の高原川水系に渓流釣りに出かけた。今年3回目。
同年代の釣り仲間3人での釣り行である。3人合わせて206歳、まさにシルバー世代の釣り行となる。
今回はハプニングの連続であった。一人は川に落ちた。一人は鎖につまずき顔面から道に転んだ。
一番のハプニングは、39cmのイワナをゲットしたことであったかもしれない。

5月末の渓流は、雪代が入って水嵩が高く、ポイントが極めて少なくなっている。
水温は9℃と低く、4月よりも1~2℃低い。
気温は20℃以下で快適ではあるが、川は冬で厳しい釣りとなる。

しかし奥飛騨温泉郷の栃尾温泉に泊まっての温泉と渓流釣りの旅は、至福の時間を味わえる。
私たちの常宿は、民宿たからすぎである。
この時期、山菜のてんぷらや御浸しがでる。
飛騨牛やイワナの刺身、ヤマメの塩焼きなどがいただけ、地酒に下鼓を打つもう一つの楽しみが待っている。
もちろんかけ流しの天然温泉には入り放題、歩き疲れた体を休めるには欠かせない贅沢でもある。

さて肝心の釣り行は、厳しい環境の中であっても、きっちりと釣果を上げるのがシルバーフィッシングの面々の実力である。
Mさんは、何と39cmの巨大イワナを釣り上げた。
通常タモを使わない人ではあるが、これはやばいと同僚に助けを求めて確保した。
激流の中では無理に獲物を引き寄せてしまいがちではあるが、魚の動きに合わせて無理な力を掛けなかったことが功を奏した。
それにしても06ハリスで巨大獲物をあげたのは立派である。

私は、29cmのイワナと28.5cmの幅広ヤマメと25cmのヤマメをあげた。
この時期の釣果としては、満足できるものの、39cm巨大イワナの前には、かすんでしまう釣果であった。
Fさんは、25.5cmと24cmのイワナを釣り上げた。
釣果が上がらず一人苦労したが、餌に川虫を使うなど工夫をして釣果に結びつけた執念は、見事であった。

奥飛騨温泉郷の渓流釣りは、大物が釣れるのが嬉しい。
もちろん20cmクラスの渓流魚にはいつでも出会える。
そんなホームグラウンドが奥飛騨温泉郷である。


39cmの巨大イワナ


喜びのMさん


28.5cm幅広ヤマメ

« »