2015年5月奥飛騨温泉郷の渓流釣行(その3) | ものづくりを支援するオフィス游

ブログ

blog



2015年5月奥飛騨温泉郷の渓流釣行(その3)

3日目。蒲田銀座と言われる眼鏡橋で様子伺いをしてから次を考えることにした。
望岳の心の碑の駐車場に行くとめずらしく一台の車も止まっていない。
即入渓することを決める。

宮野さんと私は、久しぶりに佳留萱山荘裏のポイントを探ってみることにした。
入川道を歩いて行くときれいな藤の花に出会う。
藤の花はきれいな花が咲いた時には存在感が増す。
花が散り終わったら周りの木々に埋もれて存在感そのものがなくなってしまう。

佳留萱山荘裏のポイントも限られる。
上流域を宮野さん、下流域を江川が狙う。
岩陰にできた落込みで26cmのイワナをゲットした。
宮野さんは26cmの幅広ヤマメ他イワナをゲットしていた。

下流域のポイントを探りながら眼鏡橋まで下っていく。
ゴロタ石は歩き辛い。
体力が弱っているせいか足が痛い。
そろそろ釣りも限界かな。
11時過ぎに駐車場に帰り着く。
今回の釣行もこれで終了だ。

kamatagawa201505蒲田川から北アルプスを望む

« »