雑記

    •   »  
    • 雑記
    •   »  
    • 渓流シルバーフィッシング

渓流シルバーフィッシング

65歳以上の3人で九頭竜川上流の石徹白川に1泊2日の釣行に出かけた。天気は雨、渓流の女神アマゴ釣りには、まずまずの条件である。

ところが天気予想は時間1mmほどの小雨模様、これが大外れ。雨の勢いがますます強くなった。川は増水し、濁流となって流れる最悪の条件と変化してしまった。

そんな中、32cmの尺イワナを筆頭に27cmのイワナやアマゴなど10匹の大物をゲットした。同行した友人も20cm以上のイワナやアマゴを10数匹をゲットしていた。

渓魚が濁流を避けて避難している場所を見つけることが、ポイントである。

ポイントを見つけるためには、渓流釣りに数多く出かけて渓相を知ることが大切である。

この年齢になって渓流釣りの面白みが、少しわかりかけてきた感じがしている。

 

今はもう次の渓流釣行が楽しみである。次はあの渓に入りたいという衝動が高まっている。