氷見の寒ブリ | ものづくりを支援するオフィス游

ブログ

blog



氷見の寒ブリ

北陸氷見の寒ブリの水揚げが好調であるとニュースが報じている。漁獲高は昨年の350倍とか。網を上げる漁師たちのどの顔も笑顔がほころんでいる。

この時期の寒ブリは脂がのって刺身やしゃぶしゃぶ、煮付けにしても実においしい。しかし値段が高くなかなか食すことができない。

今年は食べられるかもしれない。

近くの漁港へ行く。そこには1m以上の丸々太った寒ブリが、並んでいた。

お店の人に交渉し、片身を分けてもらうことにした。

大きすぎるので、さらに4つに小分けしてもらった。ずっしりとした重さが心地よい。

値段は、昨年の4分の一とか。まだちょっと高いが庶民が買える値段になったと言える。

カマとはらみを含む半分は妹夫婦に進呈。残りを少し薄切りのしゃぶしゃぶ用に、後は煮付け用と刺身用に調理する。

夕食は、寒ブリのしゃぶしゃぶをメインディッシュと決め込んだ。

昆布出汁とお酒に野菜を浮かべただけの鍋に寒ブリをくぐらす。表面が白く変わるところで、ポン酢につけて食べる。

口の中でとろけるような食感に、思わずうまいと声が出る。

脂がほどよくのっている。サカナの臭みはない。刺身よりもあっさりしている。

いくらでも食べられるように思う。

刺身と食べ比べしながら、たちまち大皿の寒ブリがなくなった。

« »